牙のないアフリカ象

2022/05/11

社長の夢をかなえる運送業

毎週水曜日投稿『社長の夢をかなえる運送業』

 

皆さんこんにちは!

『鋼材・鉄骨輸送のエキスパート中央ロジテック』社長の濱崎です。

「牙のないアフリカ象が増えている」という話をニュースで見ました。

では、なぜ牙のないアフリカ象が増えているんでしょうか?

象の牙である象牙(ぞうげ)はその昔から

工芸品の高級素材として高値で取引されていましたが、

その影響で密猟が行われ、ついに絶滅寸前まで追い込まれてしまいました。

そして、アフリカ象は自分たちの子孫を残すために

変化を選択し牙を捨てたのではと言われています。

 

 

ダーウィン先生は「進化論」の中でこんなことを言っています。

 

最も強い者が生き残るのではなく、

最も賢い者が生き延びるものでもない。

唯一生き残ることが出来るのは変化できる者である。

 

 

ほんの30年の間に世の中はどれくらい進歩したでしょうか?

30年前に私は、スマホでテレビ電話が出来たり、

ネットが見れて世界中と繋がることが出来たり、とても想像できませんでした。

 

中央ロジテックも「変化できる」を選択し進化しなければ、

いずれは消えてなくなってしまうかもしれません・・・

運送業界でも、高速道路の隊列自動走行・EV化の実証実験が行われており、

近い将来実現化することでしょう。

 

 

変化することには不安や抵抗感があるのは当然ですが

私たち一人一人も「変化できる者」にならなけばいけませんね。

この世の中で生き残っていくために!

 

では皆さん今日一日ご安全に!

    ご意見・ご感想ございましたらコメントお願い致します。
    メールアドレス・コメント等は公開されることはありません。

    Return to Top ▲Return to Top ▲