「魚河岸シャツ」と「アロハシャツ」

2022/06/08

社長の夢をかなえる運送業

毎週水曜日投稿『社長の夢をかなえる運送業』

皆さんこんにちは!

『鋼材・鉄骨輸送のエキスパート中央ロジテック』社長の濱崎です。

 

鳥羽一郎の演歌「兄弟船」が似合うシュチュエーションの港町、静岡県焼津市。

(私の住んでいる藤枝市の隣町)

ここに、ご当地ウエアとして知られる「魚河岸シャツ」があります。

由来は、魚屋さんが手ぬぐいを縫い合わせてシャツにしたのが始まり。

豆絞りの柄に魚河岸の文字をあしらったものが定番で

この名前が付いたとのことです。

夏になるとこの地区では、

「魚河岸シャツ」を親子ぺアて歩く姿もよく見かける風景です。

そして最近はデザインもさまざま、おしゃれに進化しています。

 

なんと、ペンギンでおなじみCHUMSとのコラボ商品もあるから驚きです。

 

 

私も孫にこんな1枚をプレゼントするのも良いかなぁ~とも思っています。

 

 

さて、皆さんもご存じの「アロハシャツ」。

これも、もちろんハワイのご当地ウエア。

その昔、日系移民の人達が「日本の着物を暑いハワイでも着れるよう開襟シャツにした」

という話は有名ですね。

そう考えると「魚河岸シャツ」と「アロハシャツ」に

共通点あるあるを感じるのは、私だけでしょうか?

 

こちら私一番のお気に入り「アロハシャツ」

 

 

1913年創業ハワイの老舗メーカー「ワットムルス社」が、

1940年代後期に製造されたのを「サンサーフ社」が

復刻したもの。

 魚河岸シャツも良いけどアロハシャツも良い!

 

WOW カッコいい!!!

 

 

では皆さん今日も一日ご安全に!

 

    ご意見・ご感想ございましたらコメントお願い致します。
    メールアドレス・コメント等は公開されることはありません。

    Return to Top ▲Return to Top ▲