男は黙って・・・

2021/12/08

社長の夢をかなえる運送業

毎週水曜日投稿『社長の夢をかなえる運送業』

 

皆さんこんにちは!

『鋼材・鉄骨輸送のエキスパート中央ロジテック』社長の濱崎です。

 

「あいつは口から先に生まれてきたような奴だ!」

「口八丁手八丁!」

「男のくせしてべらべらしゃべるんじゃない!」

「口は災いの元!」

一昔前の日本人の男性にとって、しゃべることに対しての

否定的なことばはオンパレード!😮

 

 

 

私の生まれた昭和の男性たるもの

「男は黙ってサッポロビール!」

寡黙で口下手なことは男の美学、かっこよさの原点だった。

 

中身のないくだらない冗談言ったら

三船敏郎さんに一喝され、高倉健さんに切られてオシマイってな感じ💀

 

何故かって?

これは江戸時代から260年続いた「士農工商」の身分制度があったかららしい。

男性はその家に生まれれば自分の将来は決まってしまう親ガチャ。

自己主張しても自分の未来は切り開けない世の中だったんですね。

でも、身分さえわきまえれば不幸にはならない事も確かだった。

 

だからルールを重んじて、自己主張しないようしなければ

周りとうまくやっていけない社会になったんです。

 

今の令和の時代はどうだろう?

ビジネスマンや学生さんや主婦も

寡黙な人はコミュ障(コミュニケション障害)だと言われ損することが多く、

コミュニケーション能力が高い人は自分で人生切り開きうまくやっている。

それほど、コミュニケーションは重要な能力になりました🙂

 

口下手な日本の首相が退陣したり

吉本興業のタレントがモテるのもそんな風潮なんでしょうかねぇ~

 

でも寡黙な魅力ある素晴らしい人が私の周りにはたくさんいますよ!

 

健さんの映画を観るとグッときちゃうのは何故なんだろう?

やっぱり私も昭和のシャイなおやじだからだ!

 

以前、鎌倉の光明寺というお寺に友達とスケッチに行ったところ

 偶然、高倉健さんのお墓に巡り合いました。

 

では皆さん今日も一日ご安全に!

    ご意見・ご感想ございましたらコメントお願い致します。
    メールアドレス・コメント等は公開されることはありません。

    Return to Top ▲Return to Top ▲