何故デコトラは無くなってしまったんでしょう?

2021/07/27

社長の夢をかなえる運送業

皆さん、こんにちは!

『鉄骨と鋼材運送のエキスパート!中央ロジテック』社長の濱崎です。

 

そういえば、以前は高速道路を夜走ると、トラックにキラキラのステンレス板や

全面電飾でデコレーションされた超かっこいいデコトラが走っていましたよね。

映画でも「トラック野郎」が菅原文太と愛川欽也の主演で大ヒット!!

 

 

子供もデコチャリ!

「大人になったらデコトラ引っ張るぞ~」と気合入ってました。

 

でも何時のころからかデコトラは

ほとんど見かけなくなりましたよね。

では、何故デコトラは無くなってしまったんでしょう?

次の3つが考えられるそうです。

 

  • ①映画の過激シーンが問題となった

「トラック野郎」でパトカーの追跡を追い払ったり

転倒させたりした過激なシーンがあり映画が中止になった。

また、トラック運転手は怖いというイメージを持たれて

しまった。

 

  • ②コストが掛かりすぎた

デコレーションをするのに数百万~1千万円台のコスト

が掛かり維持費も大変だった。

 

  • ②規制により車検が通りにくくなった

トラックは1年に1回車検があるが、規制により違法改造範囲の

規定が厳しくなり車検が通りずらくなった。

 

残念ですがこんな理由で無くなってしまったそうです。

でも全く無くなってしまったかというとそうではなく

今でも愛好家の方たちはいらっしゃるそうですよ。

 

下のトラックは

デコトラではなくアートトラックというのかな?

通勤の途中よく見かけるんですけどカッコ良いですね!。

 

一目ぼれです!!

「俺も乗ってみてぇ~」

「社長大型免許ないすよねえ」

「あっ、無理だ⤵」😥

 

では皆さん今日も1日ご安全に!

    ご意見・ご感想ございましたらコメントお願い致します。
    メールアドレス・コメント等は公開されることはありません。

    Return to Top ▲Return to Top ▲